スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自宅PC復旧日誌 その1

2008/08/17 Sun 10:39

8月6日にPCが壊れてしまいました。

症状としては、まったく起動しません。

・電源を入れれば各種ファンは回る
・電源を入れたあと、BIOSが鳴らすと思われる「ピコッ」が鳴らない。

ということなので、ハード的な問題だと断定し、原因の特定作業に入りました。

構成はほとんど、2002年12月に作製したもののままで、

マザーボード:
GA-8GE667 Pro(GIGABYTE-TECHNOLOGY)

CPU:
Pentium4 2.53GHz/FSB533MHz (Intel)

Memory:
DDR SDRAM 512MB(PC2700 CL=2.5) (no bland) ×2枚

HDD:
HDS722512VLAT80(120GB,7200rpm) HGST
IC35L060AVV207-0(60GB,7200rpm) IBM

DVD-R/RW,CD-R/RW:
PX-760A (PLEXTOR)

Case:
MT-PRO1300S (星野金属)

復旧に関して、価格.comで多くのクチコミを登録されている、
BRDさんのサイトを参考にさせていただきました。

まず、ボタン電池を取り外し1日放置によりCMOSクリア。
しかし、状況変わらず。

次に、マザーボード、CPU、メモリの構成で、電源ON。
CPUを直接手で触って、すぐにあったかくなることを確認。

これで、CPUは生きており、マザーボードに原因がある可能性が高いと判断し、
マザーボードを取り替えることにしました。

投資額を最小に抑えるため、NorthwoodコアのPen4が使用できるマザーボードということで、
中古で、ASUSのP4PEを購入しました。

しかしこのマザーボードは、グラフィックボードがオンボードでないことに納品後気づきました。
AGPインターフェースで、電圧が1.5Vのものという縛りがあったので、
追加で、玄人志向製RD7000-LA64Cを新品購入しました。

マザーボードをP4PEとし、
マザーボード、CPU、メモリの構成で、電源ON。
「ピコッ」という音を確認。(よし、直りそうだ)

従来のHDDを接続し、ドライバのインストール画面が連発するのをすべて無視して、
データを別の外付けHDDに移動。
その後Cドライブのみをフォーマットし、WinXPの再インストール。
無事、起動することに成功しました。

これから、パソコン環境を整える作業を、コツコツと行っていきます。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。